<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> 統合失調症とは
 
ソーシャルハウスさかい トップページへ  
 
コンテンツ
>>トップページへ

ソーシャルハウスさかいについて

主な活動

会員・スタッフ募集
組織図
定款
地図・連絡先

ソーシャルハウス
  だより

統合失調症の基礎知識
精神疾患とは
精神障害とは
統合失調症とは
症状と経過
治療
当事者・家族支援
Q&A
サポートセンター む〜ぶ
ショップ MOVE
ヘルパーステーション ふわり
グループホーム ぽこぽこ
当事者講師派遣事業出前はぁと
当事者ピア電話相談ぽかぽかはぁと
ボランティアグループ ニューウェーブ
精神障害支援情報
活動・相談内容
関係機関・
  団体の情報
 
 

統合失調症とは

 統合失調症とは、思考や行動、感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力、すなわち統合する能力が長期間にわたって低下し、その経過中にある種の幻覚、妄想、ひどくまとまりのない行動が見られる病態です(リンク→日本精神神経学会ホームページより)。

病名が変わりました
 今まで統合失調症は、精神分裂病とよばれていました。この病気は、「精神それ自体の分裂」と解され、本人・家族に苦痛を与えるとともに、この病気の人は「何をするかわからない怖い人」という誤解と偏見の目で世間から見られてきました。その原因の一つに、「精神分裂病」という旧い病名がもっていた悪いイメージがありました。 
 差別や偏見を助長するという指摘があり、日本精神神経学会が内外の意見を広く取り入れながら呼称の変更を検討し、2002年夏、「統合失調症」とすることに決定しました。 

特別な病気ではありません かつては、偏見と誤解から「特別な病気」とうけとられていましたが、精神疾患の中でも、躁うつ病と並んで代表的な病気であり、100〜120人に1人がかかる大変ポピュラーな病気です。10代後半から30代頃までの発病が多いといわれていますが、それ以外の年齢でも発病する可能性があります。
 身近な生活習慣病と比較してみると・・・

生活習慣病との比較グラフ

 統合失調症になる割合は、生活習慣病とほぼ同じくらいで、特別な病気ではないことがわかります。

 


特定非営利活動法人 ソーシャルハウスさかい 〒591-8023 堺市北区中百舌鳥町2-308  Tel:072-255-9905 E-Mail:shsakai@(アットマーク)sakai.zaq.ne.jp