<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> 症状と経過
 
ソーシャルハウスさかい トップページへ  
 
コンテンツ
>>トップページへ

ソーシャルハウスさかいについて

主な活動

会員・スタッフ募集
組織図
定款
地図・連絡先

ソーシャルハウス
  だより

統合失調症の基礎知識
精神疾患とは
精神障害とは
統合失調症とは
症状と経過
治療
当事者・家族支援
Q&A
サポートセンター む〜ぶ
ショップ MOVE
ヘルパーステーション ふわり
グループホーム ぽこぽこ
当事者講師派遣事業出前はぁと
当事者ピア電話相談ぽかぽかはぁと
ボランティアグループ ニューウェーブ
精神障害支援情報
活動・相談内容
関係機関・
  団体の情報
 
 

症状と経過

■症状
発症の項へ>>
経過の項へ>>

症状は多彩でひとりひとり違います
 統合失調症でみられる症状は多彩で、ひとりの人にすべての症状がでるとは限らないし、また、すべての人に同じ症状がでるわけではありません。

陽性症状
陰性症状
統合失調症特有の症状で、発病後まもない急性期や 再発のときに見られるものです。 発症した時から現れることもありますが、通常は急性期の後に長期間みられる症状です。
それぞれどんな症状があるのか?
幻聴
現実にない声や音が聞こえたり、話しかけられたり、命令されたりします。

妄想
誰かに監視されている、自分が狙われているなど、現実にはないことを考え信じこんでしまいます。

思考の混乱
考えがまとまらなくなり、一貫性のある話をしたり、筋道立った会話を続けることができません。

不安定な感情、落ち着きのなさ
敏感になり、ささいなことで怒ったり、不安がって落ち着きがなくなります。

感情鈍麻
楽しい・悲しいなど、快・不快、喜怒哀楽の感情がわいてこなかったり、感情表現が乏しくなったりします。

意欲の低下
何もする気がおこらないなど、意欲が出てこなくなります。

注意力・集中力の低下
気が散りやすかったり、注意・集中が続かなくなります。

思考力の低下
話にまとまりがなくなったり、会話の量・内容が少なくなったりします。

これらの症状があらわれることによって
下矢印
作業能力の障害
●記憶力の減退
●作業能力の低下

持続力・集中力の低下により作業スピード が遅くなります。
●心身の極端な疲れ易さ
●臨機応変に対応できない


 となり、日常生活や就業上の負担になってゆきます。

発症の項へ>>
経過の項へ>>
 


特定非営利活動法人 ソーシャルハウスさかい 〒591-8023 堺市北区中百舌鳥町2-308  Tel:072-255-9905 E-Mail:shsakai@(アットマーク)sakai.zaq.ne.jp